ABOUT

心理物理学や脳機能イメージング等の手法を用いて、ヒトの脳が知覚体験を生み出すメカニズムを研究をしています。また、磁気刺激や電流刺激を脳に与えて知覚体験がどのように変化するかを調べることで、脳と知覚の間の因果関係に迫ります。さらにこれらの研究から得られた知見を応用し、ヒトの主観的感覚を意のままに制御したり、これまでに経験したことのない新たな知覚体験を作り出す技術を開発することを目標としています。

UPCOMING EVENTS

  • NEURO2022(2022年6月30日〜7月3日)で、木戸、林がそれぞれ研究成果を発表します。
  • ECVP 2022(2022年8月28日〜9月1日)で、木戸がポスター発表を行います。
  • 応用脳科学コンソーシアムの「応用脳科学アカデミー」 (2022年10月12日)で、林が講演を行います。
  • 東京大学文学部心理学研究室「心理学研究室セミナー」(2022年10月28日)で、林が話題提供を行います。

NEWS & TOPICS